ぢょうあが考える「豊かさ」についてはこちら

フリーランスフォトグラファーを始めた頃から今までの話①

フォトグラファー
ぢょうあ
ぢょうあ

こんにちは。ぢょうあ(@joe_chiaki)です。

フリーランス5年目。連載にして私の実情をお話しします。

今回はフリーランスワーママになるまでをお伝えしますね!

フリーランス目指す方も目指さない方も

フリーランスママの現状ってどんな感じ?と思われるかもしれませんが、

私は、緩いです。ゆるーーーく楽しく生きると決めちゃったのです。

なのに保育園入って羨ましいとかなしでお願いしますね。

では、どうぞ!

 

スポンサーリンク

なんのフリーランス?

はい、私はフォトグラファーとしてお仕事しています。

写真を撮ることがお金に変わります。

主に個人撮影です。

現在空前のブームと言っていいと思う「出張撮影」をしています。

時々、企業さん案件もありますが現在は90%くらい個人撮影です。

ウェディングやニューボーンもしてないし、自分専用のスタジオもありません。

なんでその仕事始めたの?

もともと趣味です!

私は最終学歴が中卒。高校中退しました。理由は合わないから。

親、親族、友人、知人そろってみんな「高校だけは卒業した方が良い!!

と、言われましたが、無理でしたーーー!

その後、鬱になり引きこもりになりガリガリに痩せもう頑張れないと思ってたんですが

美空ひばりさんの「川の流れのように」を聞いて何故か生き返りました!w

そんな中でもカメラで写真を撮ることだけは辞めなかったですね。

と、いうか、これ以外になる選択肢がなかったのが事実!

なんせ、学歴ないし?w

いつフォトグラファーになろうと思ったの?

実は、よくわかりません!

覚悟を決めたのは正直、フォトグラファーです!と名乗ってからだと思います。

と、言うのも私は鬱克服後にイギリスに留学に行き

写真家として活動は始めました。違いが分からないかもですが、

写真家=撮った写真を写真展や写真集にして売る

フォトグラファー=写真を撮ることでお金になる

私の認識です。

写真展で最高40万売れたことがあります。

でも、不安定極まりないし、留学生の身分で続けることは困難になり

当時婚約していたイギリス人男性ともうまく行かなくなっていたこともあり

帰国を決意!

その時に漠然と、日本に帰るならフォトグラファーになろうかなと思ったんだと思います。

だとすると、2009年24歳の時です。

その後は?

実は、帰国後約2年は就職します。

スタジオアシスタントになりました。

雑誌や広告撮影で使うスタジオに勤め、撮影現場を手伝う人です。

タレント、俳優女優、モデルなどを撮影する現場で

フォトグラファーの指示のもと、ライティングを学びました。

はじめてのことで学ぶのはすっごく楽しかったです。

ただ、合わなかったです。

完全なる縦社会、下っ端は黙ってろ、雑用しろ、言うこと聞け。

なんか24歳下僕を体験しました!

日本こわ〜〜〜って思いましたね。で、2社働いて約2年。

正直短いです。でも、スタジオアシスタント後は師匠を見つけ新たにアシスタントして

フォトグラファーデビューが一般的だし、売れることが割と保証されてます。

知人は合計6年アシスタントしてデビューした人もいますよ。

そういう世界です。師匠の力などコネクション大事。

で、私は2009年に日本帰って来て2012年にNYに逃げましたw

いや、武者修行ね!

いつフリーランスになったの?

 

開業届出したのは、2014年9月です。

NYに行ったのは2012年なので2年なにやってたの?と思いますよね。

実は、その間に結婚出産と専業主婦してました。

NY行って帰って来てすぐ結婚し新婚2ヶ月で妊娠出産して約1年専業主婦でした。

なんでフリーランスになったの?

NY帰ってすぐ結婚して、就職する暇もなく妊娠出産したので

子育てを精一杯やってました。夫も子どものそばにいてあげてほしいと言ってたし。

それで良かったんです。

息子が7ヶ月になる頃までは。

ただ、私の心が追いつかなくなっていったんです。

仕事したい=お金を稼ぎたい

17歳の頃から金銭的に自立をしている私はお金を稼げない自分の価値がないように感じて

早く働きたい!でも、学歴もない!

1歳未満の子を持つ母親を雇ってくれる仕事も分からない。

八方ふさがりの中、働きたい欲は募って行きました。

 

そんなとき、ママ友が「祖父母がくるんだけど、良い写真残してあげたいから写真撮って」

この一言がきっかけでした。

写真撮って謝礼をくれたんです。

それで、思ったんです。写真を撮る仕事をしよう。って。

写真は好きだし、アシスタント業もしたし、できないわけない!

その思いました。

 

仕事始めて子どもはどうした?

完全なる核家族なので両家頼れる親や親戚はいませんでした。

なので活動を始めたときは、一時保育やファミリーサポートを登録して

預けれる日に撮影会をやったりしました。

撮影会とかで告知も必要だったので預けれる日を確保することが優先。

子連れで撮影なんて難しいですからね。

保活はした?

私2014年に働くことを決意するまで保育園に入るのが難しいって知らなくて!

一時保育とか利用する日も予約多くて入れないこともあってめっちゃ焦りました。

いろんな所に電話して鼻で笑われましたね、、、、

無認可に空き待ちを入れたり。でもね、52番目だったり。

正直無理だって思ってました。

保育園に入ったのはいつ?

2014年9月です。

実は、活動始めたのは3月なんですが、開業届を出したのは9月。

そして保育園に入ったのも9月。

どうして入れた!!??

と、思いますよね。

こんなこと言ったら反感買うと思いますが、、強運持ってたんです。

どうやって保育園に入れた?

保育園と言っても息子が入ったのは家庭福祉士の「保育ママ」

保育士さんのお家で保育してくれる所です。

区の保育園情報に乗っている所ですが、契約は自治体を通さず、

直接保育ママと私で結ぶ形です。

フリーランス初めたばかりで収入の証明もない私が行けるとすれば

認証保育か無認可か保育ママしかなく

片っ端から電話していたらなんと預けれることになった保育ママの園で

9月から追加2人の園児を受け入れ許可が区から降りた所

と言うではないですか!

しかも、昨日その許可が降りた所!募集開始前!

すごいナイスなタイミング!奇跡としか言えない!

その先生はすごく良い先生ですごく親身になってくれて応援してくれて無事入園!

そこから本当のフリーランスフォトグラファーが始まりました。

 

 

家族の同意は得られた?

うちの場合、夫は私がお金を稼ぐことを求められてなくて

できれば育児に専念をと考える昭和男子でしたが、私のもやもやを感じ取ってくれていて

写真を撮って喜んでくれた事実を一緒に喜んでくれて応援してくれました。

うちの夫は、おじさんの見た目をした天使なんです。

 

最後に…

ちょっと長くなっちゃったのでここで一旦①はおしまいにしますが

フリーランスって誰でもなれちゃうんです。

開業届出しちゃえば「はい、今日からあなたもフリーランス」

問題は、続けられるかです。

割と3年で廃業届出す人も多いと聞きます。

あと、お金は不安定ですからね。

どうやって安定したお金を稼ぐかを考えると難しいなって思います。

フォトグラファーはご依頼ないとお金に繋がりませんから

ひたすら良い写真を撮りご依頼をくれた方が喜んでくれる写真を残す。

感謝=お金と思って活動してます。

 

 

 

\フリーランスになって入金まで金欠!を防ぐシステム/


コメント