ぢょうあが考える「豊かさ」についてはこちら

恥を捨てる!

マインド

 

ぢょうあ
ぢょうあ

好きな事で生きる!でも、足かせになる事はたくさんあります。行動できない理由もたくさんあります。でも、やるぞって決めたら、やろうよ。人生うまくまわりだすのは動いたから!

スポンサーリンク

人の目を気にする

人間に生まれてしまったから

周りの評価って気になりますよね。

気にしないよ!って方は、全然読まなくて大丈夫な記事となりますよー!

私、人の目を気にして動くことが本当に難しかった小学生時代。

こうしたら人は私をこう思うのではないか?と、

よく考えて足枷が重くなり続け動けなくなりました。

よく考えると、私には私をこんな人と思って欲しいという

願望があったのかもしれませんね。

中学生になると思い知ります。

自分は周りとは違うということに。

扱いにくい、なぜみんなと同じことができない

みんなやってるだろ

はーい、耳にタコができるほど言われました。

そして、気づきます。

出た釘は打たれるけど出過ぎた釘は打たれない。

この言葉大好きでした。

 

人の目気にすると生きにくい

そこから私は学校内での私の評価は気にしなくなりました。

いじめをしているヤンキー風を装っている人を見たら

弱いものいじめる弱いやつ」と言い放ち

忘れ物をした生徒が多いからと授業をせず

腹立ちを生徒にぶつける説教タイムにする先生には

忘れたことは悪いけど忘れたものは今どんなに怒っても出ては来ないので授業してください」と言う。

よく考えたら評価を気にするというか、性格悪い?w

でもいつしか常識を身につけていき

本音と建前を知り

なかなか生きるのが苦しいなと気づく。

親になっても人の目がつきまとう

そして、親になりそれはさらに思う。

子供の行動は「生きる」ことがメイン。

本能のまま動くので言葉が伝わらない。

そこでついつい「怒るよ!」などの脅しを使ってしまったりする。

でも、よく考えて。

3つの脳の欲求で生きてる私たち幼い子供は

爬虫類脳しか持っていないと知ればそれは仕方ないなと思えませんか。

もちろん、注意するべきこともあるけど

爬虫類脳で生きてる子供に「恥ずかしいからやめて」

伝えてもそもそもわからないだろうに。

それでも社会と繋がり親となると

子供の行動により恥だと思ったり

人にどう思われるかを、気にするあまり怒ってしまう行為がある。

例えば電車の椅子の上では靴で登らない。

これは常識な考えですが3歳くらいまで子供はわかりません。

なんど注意しようが窓の外が見たいからと登ることもあるでしょう

そういう時、やめなさい!と怒るのではなく

「椅子に登るときは靴脱ごうね」

もう何百回言ってるのに!と思っても促し続けるしかありません。

恥ずかしいことをするな!では絶対伝わりません。

 

そもそも恥とは

今更ながら恥とは

きまりわるく思う。はずかしく思う。はじる。はじ。
世の人に対し面目・名誉を失うこと。
恥ずべき事柄を恥ずかしいと思う人間らしい心。

人間らしい心ということは脳でいうと人間脳。

果たして人間脳がいつの段階で作られるかはわかりませんが、成長したいという思いがある頃ですね。

中学受験を自分の意思で行なったりする頃でしょうか。

きまりが悪いというのも「人から見られて」がつくので恥は結局他人の目線からのことなんだと思います。

こけて恥ずかしい。

そこに他人がいなければコケた!という事実のみではないでしょうか。

そう言った意味で恥は他人の目を気にしている証拠。

恥は不要

気にしすぎる人は恥をかきたくないという理由で動けなくなります

引きよせビジョンコーチ養成講座の講師アダ奈美さんは

「恥を捨てたらうまくいくようになりました」とおっしゃっていました

初めてその一言を聞いたときは???でしたが

講座を受けていく中で私なりに考えがまとまってきました。

人の評価ほどどうでも良いなと。

「人の噂も七十五日」と言うように

もしなにか私が失敗してもあの人なんかやってたなくらいで

いつのまにか忘れられるわけです。

失敗を気にするとしたら本人。

でも、失敗を失敗と受け取らず成功するための糧だと思い、

別のルートでまた挑戦しどんなに大回りでも成功すればそれは失敗ではなくなります。

なにか挑戦するときに行動できない人は

一度考えてみてください。

失敗を恐れているのか

人の評価を気にしているのか

ただ、勇気がないのか

覚悟がないのか

決めれてないのか

もし人の評価を恐れ、恥をかきたくないから動けないなら覚えておいてください。

あなたが思っている以上に人は自己中です。

あなたの事なんてあまり気にしません。

失敗したなって思ったら次の道を行けばいい。

もし失敗して笑われても頑張り続けて

そして、成功したら笑った人がヘラヘラ近寄ってくるかも。

そんな想像してやり続けましょう。

トライ&エラー

失敗からは多くを学べますが成功だけでは成長はないです。

恥を捨てたら物事うまく進みますよ。

マインド
スポンサーリンク
joeaをフォローする
joea life

コメント